FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSS(12/11)その6。

第二幕

第一場(アパートの寝室)

♪I Feel Pretty

・平和を信じて疑わないマリアは有頂天で他の女の子たちと騒いでいます。

・そこへ決闘から帰ってきたチノが悲痛な様子でマリアに会いに来る。
 でもご機嫌なマリアはそんなチノの異常な気配には気付いてません。
・無邪気に決闘はなかったと信じているマリアに
 <b>「あったんだ...」</b>と今にも消えそうな声で告げるチノ。
 <b>「(結末は)悪いの?」</b>と訊くマリアに<b>「すごく悪い」</b>と答えるチノ。
・ようやく事の重大さを察したマリアは今度は強くチノに話すよう促します。
 この時のチノはもう<b>動揺を全く隠せずただただオロオロ</b>している。
 男としてはしっかりしろやと思うけど気が優しい人なんだろうなやっぱり。
 マリアも彼の肩を掴んで「話して」と諭すのが
 何だか婚約者同士というよりは<b>姉と弟</b>という感じでした。かなりカワイイ。
・でもマリアが<b>「トニーは無事なの!?」</b>と
 自分の兄より恋人(しかも彼にとっては恋敵)
 を心配していることが分かると表情一変。
 一気に血圧上がったのか
 <b><font size=5>「あいつがお前の兄貴を殺したんだ!」</font></b>
 と絶叫(やや声裏返り気味)して彼女の元を去る。
 
・今まで必死に抑えてた諸々のこと、
 マリアに振り向いてもらえないことだとか
 理不尽な差別を受けていることだとか
 それによって仕事でも自分より優遇されてる
 トニーに彼女が惚れちゃったことだとか
 そんなトニーにナルドが殺されちゃったことだとか
 によって溜まっていく鬱憤のようなもの
 がこの瞬間に爆発したんだろうなと思いました。
 (うーん、まあそれもあるんだろうけど
  やっぱりマリアに裏切られたという気持ちが強かったという感じでした。)
  
プロフィール

かの@teaspoon1

Author:かの@teaspoon1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。