FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSS(12/11)その7。

・アパートの下で涙に暮れるチノ。
 ベルナルドを失った哀しみと
 愛するマリアが何だか遠いところに行ってしまった絶望感、虚しさと
 もしかしたら彼女に真実を告げてしまった後悔も少しはあるのでしょうか。
 (ここの表情、18日はすごくよかった。もう切なくて切なくて。)
・やがてやってきた仲間からピストルを手渡されて頷きます。
 <b>「もうあいつを殺るしかない」</b>といった表情。
 (でも一瞬躊躇してるんだよね。ほんと一瞬だけど)
 でもそれは仕方なくという感じではないんですよね。
 それが自分に残された役目と信じているというか、
 この短い時間での周囲の状況の激変で
 信じ込まされてしまっている状態というか。うーん、書くの難しいな...。

♪Somewhere

・哀しみに沈むマリアの元へやってきたトニー。
 はじめは彼を責めるマリア。でも結局は許してしまう。
 ここでもう絶対に叶わない2人の夢のシーンへ。
・最初はトニーとマリア、他の男女が踊ってます。
・徐々にジェッツ・シャークスの皆さんも白い衣裳で登場。
 (下手側のチノはここで
  上手側にいるアクションと微笑み合います。カワイイ。)
 死んでしまったリフとベルナルドの2人もいます。
・チノは<b>下手の前の方</b>にいます。
 夢の中だからなのか特に表情があるわけでもないのですが
 平和な世界らしく実に静かな感じです。
 (無表情ではなく穏やかな笑みを浮かべている)
・全員が時々何故か深呼吸のようなことをするのですが
 正直ここはちょっと笑いそうになった。←ごめんなさい
 あれって何を表しているのだろう。みんなが1つになること?
 (↑全然違う(苦笑)。
  平和な夢状態を脱して
  やっぱり争い合いの世界でしかない現実を表現するための
  転換点のようなものなんですね、あれは。)
・チノの両側は女性でしたが全員男女交互だったのかな?
 最後は手を繋いだ状態で横一列で
 真ん中から下手上手へそれぞれ分かれて退場。
プロフィール

かの@teaspoon1

Author:かの@teaspoon1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。